平日:10:00~18:00/土日祝休業

【Wordで小説同人誌を作ろう】外でもデータ編集ができるWordアプリ

電車で移動しているときや仕事の休憩時間など、「この時間でデータの編集ができればいいのに……」と考えてしまうことはありませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、Wordアプリです。パソコンのデータとアプリのデータが同期できるので、スマホやiPadで空き時間に簡単にデータ編集をすることができます。

当記事ではそんなWordアプリについて簡単に紹介しています。

 

Wordアプリをダウンロードしよう

Wordアプリ1

WordアプリはApp StoreやGoogle playからダウンロードできる、Microsoftの純正アプリです。ストアにアクセスしてアプリをダウンロードしましょう。

Wordアプリは何ができる?

WordアプリはPCのWordと同じように使うことができます。

通常のメモとして使うことも可能です。スマホで小説を書きたいというときに、このアプリを使うのもアリだと思います。

Wordアプリ2

 

そして、なにより便利なのが、PCのWordと同期できるところです。

たとえば……

この文章データを、

Wordアプリ3

 

このようにアプリで閲覧することができます。

Wordアプリ4

しかもアプリ上で文章を修正すると、その修正データがそのままPCのデータにも反映されるので、ちょっとした時間にスマホでデータを見直したいというときにとても便利です。

 

PCとWordアプリのデータを同期させる方法

PCとアプリのデータを同期は、クラウドを介しておこないます。ネット上にデータを保存して、そのデータをPCやアプリから編集するということですね。

1 アカウント登録

データの同期をするためには、Microsoftアカウントが必要になってきます。アプリを初めて起動する際に登録することになるので、おそらくすでに登録しているという方が多いでしょう。

アカウントはWordの右上のアカウント名をクリックすると確認できます。

Wordアプリ5

PCとアプリの両方で同じアカウントにログインしておくことで、データの同期が可能となります。

 

2 データをクラウドに保存する

同期させたいデータはクラウド上に保存させる必要があります。

データを保存するときには、図の「OneDrive-個人用」に保存しましょう。ここに保存することで、クラウド上に保存され、アプリでもデータ編集が可能になります。

Wordアプリ6

3 アプリでデータを開く

アプリでクラウド上に保存したデータを開くには、「開く」から「OneDrive-個人用」をタップします。ファイルを開くと、PCで保存したデータの一覧が表示されるので、開きたいデータをタップしましょう。

Wordアプリ7

4 データを編集する

データは同期されているので、アプリで編集した内容はクラウド上に保存されます。「保存」の操作は必要なく、編集するたびにデータが更新されていきます。

ネット上のデータ管理に不安がある場合は、最終データはPC本体やUSBなどに毎回保存するとよいでしょう。操作ミスでデータを飛ばしてしまい、そのまま保存されてしまうという事態も想定されるからです。

まとめ

アプリを使いこなすことで、時間の効率化をはかれます。ちょっとした時間にもスマホを開いてデータチェックできるようになるので、アプリを導入してみてはいかがでしょうか。