平日:10:00~18:00/土日祝休業

同人誌の印刷代ってどのくらい?同人イベント参加にかかる費用と節約方法を考える

コミケなどの同人イベントにサークル参加する際に気になるのが、印刷代です。

特に初めてイベントに参加する人は、「同人イベントはどのくらい費用がかかるんだろう?」と気になりますよね。
当記事では、印刷代も含め、同人イベントに参加する際の費用を紹介していきます。

 

同人誌の印刷代はいくら?

同人誌の印刷代はいくらかかるのでしょうか。

同人誌の印刷費は、いわゆる大手の作家さんであれば大きなお金がかかる……と考えがちですが、そうとは限りません。
ページ数が多ければ部数が少なくても大きな印刷費になりますし、少部数の印刷であれば一冊あたりの単価が高くなります。

私も、一回のイベントで200~300冊頒布する程度の規模のサークルですが、一冊あたりのページ数が多いので印刷代は一ヶ月分の給料を超えます……。

 

ということで、パターン別の印刷代の例を見ていきましょう。
印刷所やメニューによって印刷代は異なってくるので、あくまで例となります。

 

100冊/36P/A5/表紙カラー本文モノクロ/オンデマンド:21,360円

同人誌でもメジャーなA5サイズの36P。
100冊刷る場合は、オンデマンドとオフセットが同じくらいの印刷代になります。
ここではオンデマンドで計算してみました。
100冊だとこのくらいの印刷代になりますよ。

 

100冊/36P/B5/フルカラー/オンデマンド:58,220円

写真集やイラスト集を印刷するなら、本文もカラーのフルカラー印刷!
サイズも少し大きめのB5で計算してみました。

フルカラーだと少々印刷代が高くなりますが、約60,000円程度となりました。

 

100冊/250P/文庫/表紙カラー本文モノクロ/オンデマンド:72,750円

文庫は印刷代が高い……と言われていますが、文庫だから高いというより、ページ数が多いから高いといってもよいでしょう。
250ページの文庫本を100冊印刷すると、このくらいの印刷費になります。

 

コミケ参加にかかる費用はどれくらい?

ここまで印刷代を計算してきましたが、同人イベントに必要になる費用はこれだけではありません。
続いて、大阪に住んでいるAさんがコミケにサークル参加した場合にかかる費用を計算していきます。

 

サークル参加費  9,000円(参加費+参加申込書セット)
飛行機運賃(往復) 約12,000円(peach)
ホテル宿泊費   約14,000円

合計:約35,000円

 

大体このくらいになります。
ほかにも、アフター代や気合いを入れるための美容代など色々な費用がかかりますが、そこそこ大きなお金がかかりますね。

 

費用を抑える3つの方法

一回のイベントで何万も飛ばしてられないよ!と多くの人が思うでしょう。
そこで、できる限り費用を抑えるポイントを3つ紹介します。

 

印刷は早割を使う

同人誌の印刷は、できる限り早割を使いましょう。

たとえば、ご紹介した

100冊/36P/B5/フルカラー/オンデマンド:58,220円

こちらのメニューはるるるのカラカラセット早割で試算したものですが、最も割引がきく超早割を使うと43,660円に抑えられます。
早期入稿はなかなか難しいですが、計画的に原稿を進めて早割を目指しましょう!

 

ホテルを早めに予約する

遠方からイベントに参加する人は、ホテルに宿泊する人も多いと思います。
その場合、イベントの日程がわかったらすぐにホテルを予約するのがおすすめです。

イベントが近くなると、会場周辺のホテルはほとんど予約が埋まってしまいます。
安く質のいいホテルは予約がとれなくなり、宿泊費が高いホテルに泊まらなければいけなくなるのです。

できる限り早めに予約しましょう。

 

交通手段を変える

飛行機や新幹線は速く楽に移動できますが、費用を抑えるなら高速バスを使用してもよいでしょう。

 


同人誌の印刷代は、そこそこのお金がかかってしまいます。
印刷代以外にも、イベントに参加するにあたり、さまざまな費用がかかります。
費用を安く抑えられるように工夫するのがおすすめです。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます。